はじめてゲームプログラミング

【初心者向け】モノを壊す・当たり判定について解説!【はじめてゲームプログラミング】

じめてゲームプログラミング楽しんでいますか?

前回はヒトノードンを使って行える行動や全アクションの設定方法を解説してきました。

第2回目の今回は、

こちらを解説!!
  1. アクションを使ってモノを壊す方法
  2. 当たり判定の設定
  3. モノを壊せるようになっているか確認

一緒にゲームの作り方を学んで自分だけのオリジナルゲームを作成しましょう!

ゲームの作り方・ゲームIDのまとめはこちら↓

【はじめてゲームプログラミング】ゲームの作り方解説とゲームIDのまとめ 悩める子 面白いゲームIDを知りたいゲームの作り方を知りたい こちらの悩みを解決していきます♪ ...

登場するノードン

今回登場するノードンは、

  • ヒトノードン
  • ボタンノードン
  • スティックノードン
  • モノをこわすノードン
  • モノノードン

準備

1.『ヒトノードン』を呼び出します。

モノ<キャラクター<ヒト

2.左右に動けるように『スティックノードン(左右)』を呼びましょう。

入力<スティックをたおしたら<Lスティック<左右

3.『スティックノードン(左右)』と『ヒトノードン(左右)』をワイヤーで繋げます。

スティックノードンとヒトノードン

4.アクションが行えるように『ボタンノードン』を呼びましょう。

入力<ボタンをおしたら<好きなボタンを選択

5.『ボタンノードン』と『ヒトノードン(アクション)』をワイヤーで繋げます。

準備は以上です。お疲れ様でした♪
早速ヒトノードンでモノを壊せるように作成していきましょう!

アクションでモノを壊す

1.アクションを設定します。

ヒトノードン選択<設定<好きなアクションを選択

2.モノを壊せるように『モノをこわすノードン』を呼びましょう。

モノ<だす・けす・引力<モノをこわす

3.アクションボタンを押した時にモノが壊せるように、『ボタンノードン』と『モノをこわすノードン』を繋げ、さらに『モノをこわすノードン』と『ヒトノードン』を連結させます。

この状態でもアクションボタンを押せばモノノードンを壊すことができるのですが、当たり判定が中央のままになっていて非常に微妙な仕上がりになるので、それぞれのアクションごとに当たり判定を設定していきます。

4.アクションの当たり判定を設定します。

モノをこわすノードンを選択<設定<れんけつ面

自分のれんけつ面れんけつ先の面
やったぜZ+Y+
パンチZ+Z-
キックZ+Z-
ターン中央中央

上記の連結面は個人的にしっくりきた位置なので、変えてみてももちろんOKです。
プログラミングは自由なので色々遊んでみましょう。

確認

実際に先程の設定でモノが壊せるようになっているか確認していきます。

1.アクションを使って壊す対象のもの『モノノードン』を呼び出しましょう。
 今回は、直方体にします。

モノ<シンプルなもの<直方体

2.『モノノードン(直方体)』が動かないように設定します。

直方体を選択<設定<ふるまい<動くをオフ

3.『モノノードン(直方体)』の位置を設定しましょう。
やったぜのアクション確認したい場合はヒトノードンよりも上に配置。その他のアクションを確認したい場合はヒトノードンの横に配置しましょう。

4.『+ボタン』を押し、実際に確認します。

5.仕上げに『モノをこわすノードン』を見えなくなるように設定しましょう。

モノをこわすノードンを選択<設定<ふるまい<見えるをオフ

さいごに

回は、アクションを使ってモノを壊す方法と当たり判定の解説をしてきました。

アクションでモノを壊せるようになりましたか?

今後もはじめてゲームプログラミングでゲームを作っていく上で必要になるノードンや繋ぎ方、設定方法などの更新と追記などしていくので参考にしてみて下さい♪

さいごまでご視聴ありがとうございました!

ABOUT ME
ぶぶ
アニメやゲームが 大好きアラサー女子。 『ワクワクやウキウキ』を 求めて大冒険中! 大冒険の中で得た情報を発信して 皆さんの役に立てるよう頑張ります☆彡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA